【やりたいことを見つけよう】本当にやりたいことが見つかる方法【内観ワーク】

  • やりたいことが見つからない…、好きなことがしたいけどわからない… という悩みを解決します。

白木ケイシー

自分を知ることで、本当にやりたいことが見つかりました。

私自身、さまざまな自分リストを作って実践し、やりたいことを見つけてきました。その方法をお伝えしていきます。

 

やりたいことを見つけるには、まず自分を知る必要があります。自分の何を知るのかというと

  1. 好きなこと
  2. 嫌いなこと
  3. 得意なこと
  4. 苦手なこと

大きく分けるとこの4つです。

これらがわかると、自分のやりたいことが明確になってきます。そして、充実した毎日を過ごせるようになったり、自分らしい人生を歩むことができるのです。

 

当記事では
  • 自分の好きなこと、嫌いなことを知る
  • 自分の得意なこと、苦手なことを知る
  • 本当にやりたいことを見つける方法

をお伝えします。



【やりたいことを見つけよう】本当にやりたいことが見つかる方法【内観ワーク】

本当にやりたいことを見つけていきましょう。自分を知ることで、やりたいことが見えてきます。あなたにとって本当に幸せな人生はあなたにしかわかりません。

 

自分の好きなこと、嫌いなことを知る

「好きなことリスト」「嫌いなことリスト」を作って、自分に合うものが何かを知っていきましょう。

リストを作るポイントはこれです。

  1. 人、物、事柄など、何でもいいので書く
  2. 自分が思いつくままに書き進める
  3. 分析して自分の全体像を知る

です。各リストにわけて解説していきます。

 

 icon-check 好きなこと、嫌いなことリスト

まずは、自分の好きなこと、嫌いなことについてやっていきましょう。手順をまとめました。

 

①リストを書くノートを準備する

手帳やメモ帳など、自分に合ったもので大丈夫です。書く量に個人差はありますが、なるべくたくさん書けるものを選びましょう。後から見返したり、書き足したりしやすいものが良いです。

 

②自分の好きなことを書く

好きな物、事、人、感覚、言葉、出来事など、何でもいいです。制限はありません。とにかく思いつくままに書いていきましょう。箇条書きでも並べても構いません。 ※好きな理由があれば書いておきましょう。

 

白木ケイシー

少し恥ずかしいですが、実際に私が書いたものです。全部ではありませんが、参考になればと思います。

人によって量は異なりますが、できるだけ出してくださいね。出てきた数が多い方が分析しやすくなります。また、思いついた時に後から付け足すのも良いでしょう。

 

③自分の嫌いなことを書く

好きなことを書いたときと同じように、何でもいいので制限なく書きましょう。 ※嫌いな理由があれば書いておきましょう。

白木ケイシー

嫌いなことリストの写真は載せません(笑) だれにも見られないように保管してくださいね。

 

④好きなこと、嫌いなことを種類分けする

一旦書き出すことができたら、これらを種類分けします。種類(ジャンル)の例をまとめてみました。

  1. 事(事柄)
  2. 動作
  3. 出来事 などです。

種類やジャンルは、自分の見やすいようになればいいので、分け方を自由に決めると良いでしょう。

 

次に、種類分けしていきます。書いたものに数字をふったり、丸・三角・四角など線で囲んだり、色をつけてわけて見ましょう。

上の例でいうと、「物」には①と数字を書いたり、「事」は丸で囲んだり、「出来事」には赤ペンで印をつけたりします。自分の見やすいようにやってみてくださいね。

 

⑤好きなこと、嫌いなことを分析する

種類分けができると、見やすくなります。全体が見やすいように少し離して眺めてみましょう。すると、自分の傾向や偏りがわかります。

例えば、好きなことに「動作」がたくさん合った場合、動きのあるものに対して好きな傾向があるのだなと分析できます。

また、嫌いなことの中に「人」に関するものが多い場合、1人でする仕事や1人での過ごし方が本当に好きなのだなと分析できます。

さらに「好きな理由・嫌いな理由」によって自分の偏りがわかるかもしれません。

これらは、次にご紹介する「得意なこと、苦手なことリスト」につながるヒントにもなります。

分析によって気づいたことを書いておきましょう。前からわかっていたことであっても、改めて書いてみることで新たな発見があるでしょう。

 

自分の得意なこと、苦手なことを知る

「得意なことリスト」「苦手なことリスト」を作ると、自分の特徴の全体像が見えてきます。

リストを作るポイントはこれです。

  1. 人よりちょっと得意・苦手だなと感じることを書く ※自分の中で、少しでも得意・苦手と思うことで大丈夫です。
  2. 自分が思いつくままに書き進める

です。各リストにわけて解説していきます。

 

 icon-check 得意なこと、苦手なことリスト

①リストを書くノートを準備する

先ほどの「好きなこと、嫌いなことリスト」で使ったものでも大丈夫です。自分に合ったものを選びましょう。

 

②自分の得意なことを書く

ちょっとでも得意だと思うことで大丈夫です。 ※得意な理由がわかれば書いておきましょう。

例えば、「コーヒーをいれる」「短距離(元陸上部だったから)」「字がキレイ(書くのが楽しいから)」「物持ちが良い」など何でも構いません。できるだけ出してみましょう。

思いついた時に後から付け足しても良いです。

 

③自分の苦手なことを書く

得意なことを書いたときと同じように、何でもいいので制限なく書きましょう。 ※苦手な理由がわかれば書いておきましょう。

例えば、「虫」「香水のにおい(においに敏感で気持ち悪くなるから)」「ピーマン」「そうじ(面倒だから)」などです。

 

④得意なこと、苦手なことを種類分けする

一旦書き出すことができたら、これらを種類分けします。種類(ジャンル)の例をまとめるとこのようになります。

  1. 視覚に関すること
  2. 聴覚に関すること
  3. 嗅覚に関すること
  4. 味覚に関すること
  5. 触覚に関すること

五感で分けると良いでしょう。種類やジャンルは、自分の見やすいようになればいいので、やり方は自由に決めても大丈夫です。

先ほどと同じように種類分けしていきます。書いたものに数字をふったり、丸・三角・四角など線で囲んだり、色をつけてわけて見ましょう。

 

⑤得意なこと、苦手なことを分析する

種類分けができると、全体が見やすくなります。自分の傾向や偏りなどを分析していきましょう。

例えば、得意なことに「視覚」がたくさん関わっていた場合、目で見て判断したり捉えたりすることが本当に得意なんだなと分析できます。

また、苦手なことの中に「嗅覚」がたくさん関わっていた場合、においに敏感だからこの能力を何かに活かせないかななど、さまざまな分析ができるでしょう。

そして、気づいたことを書いておきましょう。前からわかっていたことがより深くなり、新たな発見があると思います。

 

  icon-check-square-o ここまで書いてきたリストを使って自分を知る

「好きなこと」「嫌いなこと」「得意なこと」「苦手なこと」の全体が見えてくると、自分の個性がわかってくるでしょう。今まで部分的だったことが繋がったり、全体の一部として見えたりするでしょう。

 

自分の個性を知ると「自分のやりたいこと」「自分の好きな仕事」「自分の生きる道」など、自分の本来の人生にたどり着くことができるのです。

自分の個性を知る方法はこちらの記事でも解説しています。

【個性とは何か?】自分の個性を知ると人生が変わる 〜宇宙のしくみ〜

2019年2月6日

また、これらのリストは、自分の特別な能力を知ることにもつながるのです。

【感覚は才能】自分の特別な能力を知る方法 〜宇宙のしくみ〜

2019年2月7日

 

本当にやりたいことを見つける方法

これまでのリストを使って、自分が本当にやりたいことを見つけていきましょう。

ポイントは4つあります。

  1. 自分を知る
  2. 好きなこと、得意なことから絞る
  3. 行動と検証をする
  4. 分析して③をくり返す

 

①自分を知る

まずは自分のことがよくわかっていないと、やりたいことは見つかりません。そして、自分を知っていく度にやりたいことが変化していくでしょう。

変わらず、一つのことを極めていく人もいますが、極めていく過程で必ず変化があります。変化なくして深めることはできません。

今回のリストだけでなく、自分の個性を知りたい人は、さまざまな内観ワークを実践してみてください。

 

②好きなこと、得意なことから絞る

可能な範囲で「今何ができるのか」を考えていきましょう。リストを分析した結果、「興味の湧くもの」や「ちょっとワクワクするな」というものが見つかるはずです。

コツは、

  • 興味が湧いたもの
  • ワクワクするもの
  • ちょっと気になるもの
  • 知りたいもの
  • 行ってみたい場所 など

少しでもピンときたものをチョイスしてみましょう。一つでも複数でも構いません。

 

③行動と検証をする

②で見つかったものの中からピンときたものを行動に移してみましょう。一番やりやすいものからで構いません。自分のできる範囲で行いましょう。

行動は自分のエネルギーそのものです。行動すると自分のエネルギーが流れます。自分のエネルギーは、常に循環しているので、行動の結果が必ず何かの形となって現れてくるのです。

【自分を知る】自分のエネルギーを知る方法 〜宇宙のしくみ〜

2019年2月11日

何かの形とは、物質だったり、経験だったり、気づきだったり、感情だったりと、目に見えるものから目に見えないものまでさまざまあるでしょう。

 

そして、行動した結果を検証します。

検証のやり方

 icon-check-circle-o 行動した結果、どうなったか記録する

「結果が良かったのか」「悪かったのか」「何か発見はあったのか」をメモしましょう。気づきや変化なども書いておくと良いでしょう。

 

 icon-check-circle-o やってみて良かったことを追求する

やってみて良かったことを深めていきましょう。やってみて良かった場合、次の行動に移しやすくなります。

検証することで、自分のやりたいことに繋がります。また、新たに分析することが出てきたり、次に気になるものに出会ったりするでしょう。

 

④分析して③をくり返す

大切なのは、行動と検証をくり返すことです。

 icon-check-circle-o 記録を積み重ねる

記録の積み重ねによって、自分の本当にやりたいことに近づいていきます。自分の体も記憶していくでしょう。くり返し検証することで、直感力も磨かれていきます。

自分のやりたいことは自分の中から見つかります。

すでにあなたは、自分の個性を持って生まれてきています。その個性を引き出し、行動することによって自分がさらに磨かれていくのです。自分の個性を磨けば磨くほど、自分のやりたいことが明確になるでしょう。

 

だれもが一番興味あるもの、それは「自分自身」です。ですので、今の自分を知ることが、本当にやりたいことへ繋がる最短の近道なのです。

 

無料メルマガ配信中!

白木ケイシーが受け取った「宇宙からのメッセージ」をお伝えします☆

『個性が輝く☆宇宙のしくみ 白木ケイシーのメールレッスン』

の後に、

『白木ケイシーの宇宙からのメッセージ』が配信されます!

どうぞ、お楽しみに~!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です