【瞑想とは?】日常を瞑想状態で過ごして宇宙とつながる方法【内観】

  • 瞑想のやり方を教えてください。

  • 宇宙とつながるにはどんな瞑想をしたら良いですか?

 

このような質問にお答えします。

白木ケイシー

自分の好きなことをやることが一番の瞑想です。

そして、宇宙とつながるために瞑想するのではなく、自分らしい人生を歩むからこそ、宇宙とつながることができます。

瞑想をすることで、心が穏やかになったり、気持ちがスッキリしたり、ひらめきが起きやすくなったりとさまざまな効果があるでしょう。

ですが、瞑想の本質を理解していないと、あまり意味のない時間を使うことになってしまいます。

 

当記事では
  • 瞑想とは何か?
  • 瞑想する目的を明確にする
  • 宇宙とつながる瞑想について

をお伝えします。



【瞑想とは?】日常を瞑想状態で過ごして宇宙とつながる方法【内観】

私自身、さまざまな瞑想に取り組みました。そして、今では宇宙とつながって作品制作をしたり、リーディングをしたりしています。

また、あえて瞑想する時間を作ることはほとんどありません。

 

瞑想とは何か?

瞑想(めいそう、英:Meditation)とは、を静めてに祈ったり、何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことである。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者()をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

とあります。

私の瞑想の考え方はこうです。

瞑想とは、自分の純粋な姿を表現すること。

瞑想によって、自分をクリアにし、本来の自分のエネルギーに戻したり高めたりする。

そして、瞑想状態は、自分らしい個性の表現である。

と捉えています。

 

 icon-check 瞑想の種類

瞑想の種類はたくさんあります。

  • インドのヴィパッサナー瞑想
  • TMと呼ばれる超越瞑想
  • 坐禅における瞑想
  • マインドフルネス瞑想
  • ディーパックチョプラ博士が考案したマントラを使う瞑想

など

世界にはさまざまな瞑想が存在しています。紹介すると膨大な量になってしまうので、ここでの紹介はやめておきます。

気になる方は下のリンクからどうぞ。色々な瞑想について載っています。

「瞑想にはどんな種類がある?瞑想の種類まとめ」

 

 icon-check 自分に合う瞑想を求めた結果

まずは、ピンときたものがあれば、実際にやってみることです。そして、効果があったのか実感することが大切になるでしょう。

白木ケイシー

私がこれまでに色々とやった結果、

心が静かになり自分をクリアにすることができたり、宇宙とつながる体験できたりと、やって良かったなと感じる反面、正直面倒だなと思うことがたくさんありました。

なぜなら、瞑想する時間を作る必要がありましたし、色々なやり方があってややこしいなと感じていたからです。

そこで、
「すぐ瞑想できる状態に持っていけないかな」
「常に瞑想状態でいることはできないかな」と考えたのです。

だれにでも簡単にできる宇宙とつながる瞑想については後ほどお伝えします。

 

瞑想する目的を明確にする

瞑想するにあたって、何か理由や目的があると思います。人それぞれ目的はちがうでしょう。ですので、まずは瞑想する理由や目的をはっきりさせましょう。

 

 icon-check 瞑想によってどうなりたいのか?

瞑想によってどうなりたいかを明確にしましょう。

単純に神秘体験がしたいとか、不思議な体験がしたいという人もいるかもしれません。その先にある「自分がどうなりたいのか」を考えましょう。

白木ケイシー

私の場合は、瞑想によって自分本来の人生を生きるきっかけを作りたいと思っていました。

別の言い方にすると、
「悩みを解決したい」
「幸せな人生を歩みたい」
「充実した日々を送りたい」という思いがあったのです。

明確ではない場合、瞑想によってどんな自分になりたいのかを言葉にしてみましょう。

 

 icon-check 瞑想の本質をリーディングした結果

瞑想の本質は何なのかを昔からよく考えていました。そして、この記事を書く際、瞑想についてリーディングしてみました。

  • 瞑想の本質は、自分のエネルギー状態をクリアにし、プラスマイナスゼロの状態にすること。
  • ネガティブな状態から0にしたり、興奮状態から0にしたりと、自分をニュートラルにすること。
  • ニュートラルとは、宇宙に良い悪いという判断がないように素の状態のことであり、自分が宇宙の一部だと感じること。
  • エネルギーの数値が0になるという概念ではなく、自分の純粋なエネルギーに近づけるもの。
  • 瞑想のやり方は個性の数だけ存在し、正解はない。

というように宇宙からの返答がありました。ぜひ参考にしてみてください。

また、リーディングについてはこちらで詳しく解説しています。

【リーディングとは?】占いとリーディングの違いを知って自分を見つめよう

2019年2月15日

 

 icon-check 自分の個性に合う瞑想を追究する

自分にマッチした瞑想方法が必ずあります。

それを見つけるためには、やってみることが大切です。しかし、ちょっと違うかなと感じたり、面倒だなと感じたりする場合は、やらないほうが良いでしょう。

白木ケイシー

瞑想は、やりたいと思ったときにするのがベストなタイミングであり、そのほうが効果があるからです。

私たち人間は宇宙の存在ですので、絶対にやらなければいけないという状態は本来ありません。やりたいと思って行動した結果、世界が創られるのです。

私たちが宇宙の存在であることについては、こちらの記事で解説しています。

【宇宙の本質】宇宙のルールとは?その式と秘密を解説します

2019年2月23日

最後に、すべての人に共通する宇宙とつながる瞑想をご紹介します。

 

宇宙とつながる瞑想について

宇宙とつながる瞑想はだれにでも簡単にできます。流れとなるポイントは3つです。

  1. 自分の感情を受け取る
  2. 想いを行動に移す
  3. 目の前のことに集中する

 

 icon-check ①自分の感情を受け取る

自分の感情を受け取ることが大切です。

白木ケイシー

楽しい、つまらない、嬉しい、悲しいなどさまざまな感情を意識して味わってみましょう。

そして、その想いの中で、今自分が一番にやりたいことを選択します。

些細なことで構いません。

例えば、

  • 伸びがしたいな
  • ブログを書きたいな
  • コーヒーが飲みたいな
  • トイレに行きたいな
  • 読書したいな

など

今できる中で、やりたいと感じることを最優先に選択するのがコツです。

想いの量は関係ありません。

無数にある選択肢の中から、
「今一番やりたい」を選ぶだけです。

 

 icon-check ②想いを行動に移す

感情を受け取り、今一番やりたいことがわかったら、すぐ行動に移しましょう。

先ほどの例のように、大きな動きでなくても大丈夫です。「とてもやりたい」と強く思っていなくても大丈夫です。

コツは、今ふと感じたことをすぐ行動に移すことです。

 

 icon-check ③目の前のことに集中する

行動に移したら、目の前に集中しましょう。今という瞬間にエネルギーを注ぎましょう。

そして、やりきったなと感じたら、①に戻ります。

途中で気持ちが変わることもあります。そのときも、①に戻って、今一番にやりたいことをまた選択し直しましょう。

今を生きている瞬間が最高の瞑想状態です。

こちらも参考にしてみてください。

【今を生きる】不安や心配事を取り除く【今この瞬間に生きる方法】

2019年3月19日

 

今、目の前に集中することが宇宙とつながる瞑想です。今この瞬間に生きることで瞑想状態に入ることができます。

白木ケイシー

私自身、常にこの状態を意識しています。

ですので、あえて時間を作って瞑想することもなくなりました。

今この瞬間に生きる時間が長くなることで、自分がクリアになる瞑想もする必要がなくなりました。

「瞑想をしないと宇宙とつながることができない」と思う必要はありません。

自分自身が宇宙の存在なので、瞑想状態を創るのも自分次第なのです。

この方法は、細かいルールも制限もマントラもありません。すべて自分のペースで自由にすることができるでしょう。

毎日毎瞬の瞑想ライフを楽しんでみてください。きっと自分らしい人生がさらに創られていくでしょう。

 

また、本を使って瞑想状態に入ることもできます。

こちらの本では、宇宙とつながる感覚を知ることができ、宇宙からメッセージを受け取るための内観ワークが盛り込まれています。

「自分を内観して受け取る宇宙のメッセージ 瞑路」

瞑路の本についての記事はこちらです。

【内観】個性を発揮し、可能性を広げる真実の“路”の見つけ方【瞑路】

2019年3月6日

 

無料メルマガ配信中!

白木ケイシーが受け取った「宇宙からのメッセージ」をお伝えします☆

『個性が輝く☆宇宙のしくみ 白木ケイシーのメールレッスン』

の後に、

『白木ケイシーの宇宙からのメッセージ』が配信されます!

どうぞ、お楽しみに~!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です