【未来を創る】意図して望む未来を創る方法【輝く自分を創造する】

  • 望む未来を創るには、どうしたら良いですか?
    人生をもっと輝かせていきたいです。

 

望む未来を創るポイントは「意図すること」です。

そして、目の前のやりたいことやワクワクすることを行動に移すと、輝く世界を創造することができます。

白木ケイシー

自分の未来を創るために、色々な方法を試してきました。

その中で、望む世界の創り方に大切なポイントやコツがあることに気づいたのです。

今までを振り返りながら、読み進めてみてください。共に輝く自分を創っていきましょう。

 

当記事では
  • 望む未来を想像する
  • 望む未来を意図する方法
  • 輝く自分を創造するためのポイント

をお伝えします。



【未来を創る】意図して望む未来を創る方法【輝く自分を創造する】

私たちは、意識のある中で常に考えたり行動したりしています。また、無意識に反応したり行動したりする習慣もあります。

日常の中で、どのような未来をイメージして過ごしているかが重要です。

  • 何も想像せず行き当たりばったりで過ごしている
  • 未来の不安や将来の心配事を想像している
  • 輝く未来の自分を想像している

さまざまな場合があるでしょう。

まずは、自分がどんな未来を望んでいるのか考えていきましょう。

 

望む未来を想像する

望む未来が曖昧過ぎると、望んだ世界とズレる場合があります。また、望む未来が細部まであり過ぎると、執着になってしまうことがあります。

あなたの中で、ちょうど良いバランスを知ることが大切です。

「ある程度てきとうな方がうまくいく」という人もいれば、
「明確にすればするほど行動がしやすい」という人もいます。

実践と検証を通して、自分の中でベストな感覚を見つけていきましょう。

白木ケイシー

それでは、望む未来を想像するにあたって、大切なポイントをお話しします。

 

 icon-ellipsis-vertical イメージしやすい未来を設定する

まずは、イメージしやすい未来の設定をします。

  • 3年後
  • 1年後
  • 半年後
  • 3ヶ月後
  • 1ヶ月後
  • 1週間後
  • 1分後 など

望む未来を設定しましょう。

20〇〇年〇月というように、望む未来が明確な場合、日付を設定しても良いでしょう。

白木ケイシー

合格発表の日や記念日など、決めやすい日にちに合わせて未来をイメージするのも良いでしょう。

 

 icon-ellipsis-vertical 固定観念を外して未来を想像する

これまでの習慣や考え方によって、今の自分がいます。

その結果、望む未来を想像するときに「ちょっと無理があるな」「叶わないかもしれない」と思ってしまうことがあるでしょう。

しかし、望む未来は、固定観念の枠の外に存在します。あなたの枠を外せば外すほど、望む未来の可能性が広がります。

固定観念の外し方のコツ
  • 何事も受け入れること
  • 自分の可能性を信じること
  • 今までの考え方を更新する意識を持つ

このように、柔軟な意識で固定観念の枠を外していきましょう。

 

 icon-ellipsis-vertical 直観や気持ちを大切にして未来を想像する

直観や気持ちは、あなたの望む世界を知っています。

「あなたの望む未来はどんな世界ですか?」

 

と聞かれたときに、

  • ふと思う世界
  • パッと一瞬イメージが浮かぶ世界
  • 一番最初に浮かんだ世界

このような感覚を大切にしましょう。

直観は固定観念の枠を超えてやってきます。

また、あなたが心地良いなと感じる気持ちは、望む未来をイメージするヒントになります。

白木ケイシー

人の目を気にしたり、一般論に合わせたりせずに、自分の本音を感じてみましょう。

あなたの直観が、望む世界の架け橋になるのです。

 

望む未来を意図する方法

では、実際に望む未来を意図していきましょう。

例に合わせてやってみてください。
日常で何回も使える例と、数ヶ月先の例の2パターン書きます。

望む世界は、数年、数ヶ月先の未来だけでなく、数分、数秒後の未来もあります。

毎日簡単に行えるので、長期や中期の未来も意図しつつ、短期の未来も意図していきましょう。

毎日やることで、意図する習慣が身につきます。そして、1日5分あれば、実践と検証までできます。

白木ケイシー

毎日練習のつもりで楽しみながらやってみてくださいね。

 

 icon-check ①望む未来を文章化する

まずは、望む未来を文章にします。

ポイント
  1. ポジティブな言葉を使う
  2. 文末を過去形または完了形にする
  3. 文章の中に気分を入れる

例①

「今日のミーティングが素晴らしい時間になって、仕事が楽しくスムーズに進んで嬉しかった」

「気分良く安全にドライブした後に、お店の入り口付近に駐車できて良かった」

 

例②

「3ヶ月後までに転職先が見つかり、今の仕事がまわりに応援されながら退職できた」

「新しい職場で、素敵な仲間と楽しく仕事ができていて、毎日充実した生活を送っている」

このようにやってみましょう。

ポジティブワードで過去形か完了形にし、自分の気分を入れることが大切です。

 

 icon-check ②叶ったイメージを持つ

①で文章を作った際、叶っている状態をイメージします。

白木ケイシー

先ほどお話しした「望む未来」が想像できていると、イメージしやすくなるでしょう。

イメージは想像のエネルギーです。

文章を読んだり書いたりするとき、同時にイメージするとエネルギーの循環が大きくなります。

 

 icon-check ③心地よい気分を味わう

②でイメージする際に大切なポイントがあります。

それは、自分の気分を味わうことです。

ただ未来の風景を頭で想像するのではなく、風景の中にいる自分の気持ちを体全体で味わうのです。

ここが一番のポイントです。

未来の自分の気持ちを味わうことで、意図した世界が実際に創られていきます。

自分の想像エネルギーと心地よい気分のエネルギーが合わさり、現実で体験できる世界へと変化していくでしょう。

 

望む世界は、すでにあなたの中に存在しています。

その世界を現実で体験するために、気分を味わいながら意図していくと、次々に結果が現れてきます。

例えば、

  • 「ミーティングがスムーズになり、毎回楽しみになってきた」
  • 「どこに出かけても駐車場でのストレスを感じなくなった」
  • 「気分良く退職と転職ができた」
  • 「新しい職場が充実してきた」

このように、意図した結果を記録しておくと、成功や失敗例をもとに検証しやすくなります。

白木ケイシー

意図して望む未来を創る精度をどんどん上げていきましょう。

 

輝く自分を創造するためのポイント

意図した後の過ごし方についてお話しします。

意図した世界がやってくるのを期待して待っていても、叶うことはありません。

意図した後に大切なのは「今を生きること」です。

今目の前にあるワクワクを行動に移したり、今やりたいことに取り組んだりすることで、意図した世界がどんどん創られていくのです。

 

 icon-ellipsis-vertical 自分に制限をかけずに無限の可能性を持つ

自分自身に制限をかけていると、

  • 「望む世界を叶えるために〇〇しなければならない」
  • 「望む未来を叶えるのは無理かもしれない」

このように、思考が邪魔をしてきます。

固定観念を外すように、自分にかけている制限を外していきましょう。

意図した未来は、すでに存在しています。そのすでにある世界に自分自身がただ移動するだけです。

〇〇しなければ叶わないというわけではありません。

白木ケイシー

あなたの中にある無限の可能性を感じていきましょう。

 

 icon-ellipsis-vertical ワクワクにそって行動する

望む未来を創るための流れを書くとこうなります。

望む未来を想像する→望む未来を意図する→目の前にあるワクワクを行動する

最後のワクワクによって、あなたの心地よいエネルギーがさらに循環します。そして、望む未来に執着する隙を与えません。

白木ケイシー

自分に期待せず、目の前の行動に集中している方がうまくいくでしょう。

輝く自分の未来を想像して意図していきましょう。どんな未来も意図して創ることができます。

 

 icon-check-square-o 合わせて読みたい記事

【習慣で人生を変える】自分らしい習慣を作る方法【習慣化のコツ】

2019年5月23日

【直観力を鍛える】進むべき道は直観で選択する【自分へのサイン】

2019年6月12日

【自分の目指す姿】自分の道を進むことが成功への近道【山頂へ進む】

2019年6月18日

 

無料メルマガ配信中!

白木ケイシーが受け取った「宇宙からのメッセージ」をお伝えします☆

『個性が輝く☆宇宙のしくみ 白木ケイシーのメールレッスン』

の後に、

『白木ケイシーの宇宙からのメッセージ』が配信されます!

どうぞ、お楽しみに~!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です