【やりたいことリスト】潜在意識を活用して夢を叶える方法【ワクワク】

  • やりたいことリストを書いても夢が叶わない

  • やりたいことリストの作り方がよくわからない

 

このような悩みにお答えします。

白木ケイシー

私自身、やりたいことリストを書いて一つずつ夢を叶えていきました。

そして、振り返ったときに夢が実現するポイントが明らかになりました。

やりたいことリストをきっかけに夢を叶えることができます。しかし、書いて終わりになっている人が多いのではないでしょうか?

潜在意識を活用して行動することで、やりたいことがハイスピードに叶っていくでしょう。

 

当記事では
  • やりたいことリストの作り方
  • 潜在意識の活用法
  • 夢を叶える行動の仕方

をお伝えします。



【やりたいことリスト】潜在意識を活用して夢を叶える方法【ワクワク】

夢を実現させるためのポイントは「内観すること、潜在意識を活用すること、行動すること」です。これらのポイントを習慣化することで、どんどんやりたいことが実現していくでしょう。

まずは、やりたいことリストの作り方からみていきましょう。

 

やりたいことリストの作り方

やりたいことリストは、本やネットなどで色々と紹介されています。それらを参考にして書いたことがある人は、たくさんいるでしょう。

書いたことがある人は、見直してみる良い機会になると思います。また、書いたことのない人は、さっそく始めてみましょう。

白木ケイシー

紙とペンを準備しましょう。

あとで解説しますが、書いたものを何ヶ所かに貼りますので、何枚か準備しましょう。

または、書いた紙をコピーしても構いません。

 

 icon-check ①大小関係なく思いついたものから書く

  • やりたいこと
  • 叶えたい夢
  • ワクワクすること
  • 達成したい目標

など、思い付いたものから書いていきましょう。

小さなことから大きなことまで順番は気にせず書いていきましょう。

ポイント
  • 完了形や現在進行形で書く
  • 感情を書く
例えば、

「たくさんの人に喜んでもらえる本を出すことができて嬉しかった」

「引越し先で毎日楽しんで生活している」

「休日にワクワクしながらカフェ巡りをした」

このように、自分の感情を入れて完了形や現在進行形で書いていきます。

気分をイメージしながらすると書きやすいでしょう。なるべく出し切るまで書いてみましょう。

白木ケイシー

毎日見る手帳やノートにも書きたい人がいるでしょう。

ペン先が0.7ミリのもので書くと、潜在意識に入りやすくなります。

 

 icon-check ②ジャンル分けや色を付ける

自分の好みに合わせて、ジャンル分けしたり色を付けたりします。

例えば、

  • いつでもできそうなもの
  • 小さな夢
  • 大きな夢

というように分けてもいいですし、

  • 1ヶ月後
  • 1年後
  • 3年後

というように期間で分けても良いでしょう。

また、

  • やりたいことはオレンジ色
  • ワクワクすることはピンク色
  • 叶えたい夢は水色

というように色を付けるのも良いでしょう。

白木ケイシー

青色は潜在意識に入りやすいです。

いつでも書き加えられるようにスペースを空けておくことをオススメします。

これらは、必ずしもしないといけないわけではありません。やりたいなと思えば実践してみましょう。

 

 icon-check ③よく目にする場所に貼る

書き終えたら、よく見る場所に貼ります。

例えば、

  • 朝起きたときに見る天井
  • ドレッサー
  • 玄関
  • 冷蔵庫
  • トイレ

です。

他にもあると思います。自分の生活スタイルに合わせて工夫してみましょう。

どれくらい貼りたいかは、感覚で決めて大丈夫です。

白木ケイシー

この後、潜在意識の活用法でもお伝えしますが、何回も目にすることで潜在意識に自然と入ります。

3ヶ所以上貼ることをオススメします。

叶ったものや達成した項目には、その日の日付を書いたり、チェックマークを付けたりしましょう。叶ったものが少しずつ増えていき、成功体験を味わっていくことがポイントです。

 

潜在意識の活用法

やりたいことリストを叶える秘訣は、潜在意識を活用することです。リストの作り方の中にも、潜在意識に入りやすいような工夫をしています。

私たちの約97%の動きは、潜在意識によってやっています。

ですので、やりたいことリストを潜在意識に入れることで、夢の叶うスピードがはやくなるのです。

 

 icon-check イメージの大切さ

イメージすることで、潜在意識に入ります。

さらに、

  • 感情や気分を味わいながらイメージすること
  • すでに叶ったように完了形や進行形で書くこと

これらによって、より入りやすくなります。イメージしながら気分を味わいながら書くことが大切です。

白木ケイシー

リストを見たとき、文字を理解するというよりも気分を味わうことを意識しましょう。

そうすることで、ハイスピードに潜在意識に入れることができます。

 

 icon-check 顕在意識から潜在意識に入れる

潜在意識にアクセスするためのポイントがあります。

ポイント

リラックスして、ハイスピードに繰り返す

顕在意識とは、自覚のある意識のことです。

自覚して「リラックス状態でハイスピードに繰り返し見ること」
この行動によって、顕在意識から潜在意識に簡単にアクセスすることができます。

白木ケイシー

また、潜在意識からサインを受け取るために、顕在意識の活用が大切です。

ですので、両方の意識を大切にして毎日を過ごしましょう。

 

 icon-check 潜在意識が活発になる時間

潜在意識が活発になる時間は、夜中の2時から4時の間といわれています。この時間帯にぐっすり寝ていると、記憶や潜在意識の整理が行われ、夢が叶いやすい脳の状態になるのです。

また、顕在意識から潜在意識に入りやすい時間帯があります。

それは、

  • 朝起きてすぐ
  • 夜寝る前

です。この2つの時間帯にやりたいことリストを見て、潜在意識に入りやすい環境を作っていきましょう。

 

夢を叶える行動の仕方

最後に、夢を叶えるための行動についてです。

小さなことも大きなことも行動することによって、やりたいことが実現していきます。行動がなければ、どんなに小さなことも実現しません。

当たり前のことかもしれませんが、

カレーが食べたいと思っても「カレーを作る」とか「カレー屋さんに行く」という行動がなければ、食べることはできません。

「やりたいことリスト」を「実現したリスト」に変えるために、潜在意識を活用して行動することが最大の近道なのです。

ポイントは3つです。

  1. 夢が叶った自分として過ごす
  2. 今できる最大限のワクワクを選択する
  3. 結果を期待せず今に集中する

 

 icon-star ①夢が叶った自分で過ごす

夢が叶った自分として行動してみましょう。

ポイント

映画の主人公になった気分で、
すでにやりたいことリストが実現した自分を演じること

このイメージによって、今までの行動に変化が起き、実現することが当たり前の環境に変わっていくでしょう。

ワクワクした気分を大切にして毎日を過ごしていきましょう。

 

 icon-star ②今できる最大限のワクワクを選択する

今のワクワクにしたがって行動します。

ポイント

ワクワクが続くかぎり、最大限まで行動すること

ワクワクがあまりわからない人は、

  • 知りたい
  • 気になる
  • 興味がある
  • なんとなく好き
  • 心地よい

これらの感覚に意識を向けて行動してみましょう。

また、やりたいことリストに書いた項目に挑戦することも大切です。

白木ケイシー

いきなり大きなことに挑戦しようと意気込むよりは、小さなことへの挑戦を積み重ねていきましょう。

「大きな夢に近づいていく」という感覚の方が達成しやすくなるでしょう。

 

 icon-star ③結果を期待せず今に集中する

  • 結果を気にしすぎること
  • いつも期待ばかりすること

これらは、夢の実現の遠回りになります。

なぜなら、今に生きている状態ではないからです。結果を気にして今にいなかったり、いつも期待して今目の前にあることがおろそかになったりします。

そうではなく、

  • 自分を信じること
  • 今に集中すること

この2つを意識して行動していきましょう。

白木ケイシー

私自身、
「多くの人の夢が叶う姿を見て、感動している」をやりたいことリストに入れて、過ごしていこうと思います。

 

 icon-check-square-o 合わせて読みたい記事

【決めきると結果が変わる】やりたいことで結果を出す方法【注意点】

2019年4月1日

【目標設定は必要ない?】自分の個性を活かして目標設定する方法

2019年4月12日

【お金はエネルギー】自分に合ったお金の稼ぎ方【最大の資産は個性】

2019年4月15日

 

無料メルマガ配信中!

白木ケイシーが受け取った「宇宙からのメッセージ」をお伝えします☆

『個性が輝く☆宇宙のしくみ 白木ケイシーのメールレッスン』

の後に、

『白木ケイシーの宇宙からのメッセージ』が配信されます!

どうぞ、お楽しみに~!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です