【主人公は自分】あなたが主役の物語をつくろう【ゴールは続く】

  • 自分は誰かの脇役だと思っている

  • 活躍する人生を歩んでみたい

 

このような人のために、宇宙からのメッセージをお届けします。

白木ケイシー

あなたは人生の主人公です。

自分の物語は自分で創ることができます。そして、ゴールはどこまでも続いていくでしょう。

あなたが主役の物語が、宇宙からのメッセージによって見つかることを願っています。

 

【主人公は自分】あなたが主役の物語をつくろう【ゴールは続く】

Your own story
〜あなただけの物語〜

間違いの中に
重要な手がかりがある

気づくことで
自分の中のゴールにたどり着く

ゴールは終わりではなく
一つの区切りでしかない

一つひとつ分かれているように見えても
すべてがつながっている

前のゴールがなければ
次のゴールは生まれない

あなたも同じように
それぞれのストーリーが
永遠に繰り返される

 

当記事では
  • 物語の主人公の特徴とは?
  • 毎日が手がかりを見つける大冒険
  • ゴールを続けてストーリーを面白くする

をお伝えします。



生まれてくる前からあなたのストーリーは存在しています。なぜなら、生まれる前にどんなイベントを体験したいか、あらかじめ決めているからです。

今世を自分らしく生きることで、決めてきたイベントを思い出すことでしょう。

 

物語の主人公の特徴とは?

映画やドラマ、漫画やアニメなど、世の中にはさまざまな物語が作られてきました。

あなたが今まで観てきた作品の中で一番感動したのはどんな物語だったでしょうか?

一度思い出してみましょう。

そして、物語の主人公はどんな冒険をしてエンディングを迎えたでしょうか?

白木ケイシー

私は、あだち充さんの「ラフ」や映画の「50回目のファースト・キス(2004)」が特に好きです。

 

 icon-check 物語には起承転結がある

当たり前かもしれませんが、物語には「起承転結」があります。

  • 「起」は、物語の始まりやきっかけ、状況設定などを提示する導入部分です。
  • 「承」は、ストーリーの発展部分になり、転に向かって物語が進みます。
  • 「転」は、内容が転ずる部分で急展開が起き、クライマックスです。
  • 「結」は、結論部分となり、ストーリーの締めくくりとなります。

このように、私たちの人生やある期間の間にも起承転結が存在します。その中でポイントになる部分をみていきましょう。

こちらの記事では、最愛のパートナーと出逢うまでの「起承転結」もお伝えしています。

【出逢いを創る】自分の人生に集中すると最愛のパートナーは現れる

2019年4月10日

 

 icon-check 失敗やアクシデントの捉え方

失敗やアクシデントは、起承転結の中でも欠かせないものです。

映画を観ているだけでもハラハラドキドキするように、感情がとても動くシーンが多いでしょう。

私たちの人生の中でも、体験している最中は焦ったり、悩んだりと色々苦労します。

しかし、過去の失敗やアクシデントを乗り越えてきたのも事実です。そして、乗り越える度に自分の成長を感じてきたことでしょう。

白木ケイシー

見方を変えると、
失敗やアクシデントがあるほど、私たちは成長するのです。

このように捉えると良いでしょう。

  • 「失敗は成功するために必要なこと」
  • 「アクシデントは自分の物語を感動させるための材料」

この捉え方が自分の中に染み付くことで、失敗やアクシデントが起きる度にチャンスだと思えるようになります。

 

 icon-check 感動と達成感を味わう

失敗によって成功に近づきます。アクシデントによって、物語にメリハリが生まれます。これらの出来事を乗り越えることによって、感動や達成感をより味わうことができるのです。

感動体験は、一つの成功体験となり、自分の人生を輝かすための大切な経験になります。

達成感は、次の目標や夢を叶えるための原動力になります。

ですので「辛いことや悲しいこと、楽しいことや嬉しいこと」これらすべての感情を味わうことで物語は深みを増していくのです。

 

毎日が手がかりを見つける大冒険

映画や漫画の中では、ストーリーの展開によって時間の経過がはやくなるときもありますが、私たちは1日1日が物語として進んでいきます。

ですので、毎日の中にもストーリーはありますし、人生のように長い期間の中にもストーリーがあるのです。

そして、1日の中に物語に大切な手がかりが隠されています。

 

 icon-check 間違いや失敗に重要な手がかりがある

日々、間違いや失敗は起きます。

白木ケイシー

私自身、色々な失敗をしてきました。

しかし、失敗の中で成功するための手がかりをたくさん見つけてきました。

間違いがあって失敗が起きているので、間違いを把握して一つひとつ正解にしていくことが大切です。

見方を変えるとこのようになります。

「間違い→正解=成功の素(成功への手がかり)」

このようにして、手がかりをたくさん見つけていきましょう。

間違いや失敗から手がかりを見つければ見つけるほど、成功につながります。

 

 icon-check 気づきが物語を展開させる

物語の主人公は、「ハッ」として何かに気づいたり、何かをひらめいたりするシーンがよくあります。気づきやひらめきによって物語の展開が大きく変わるのです。

私たちも同じように気づきやひらめきが起きています。

手がかりを見つけるときも気づきがありますし、ひらめきによって物事が解決することがあります。

毎日の中で気づきを大切にしましょう。

白木ケイシー

私は「ひらめきメモ」を活用しています。スマホのメモアプリにひらめいたことを書いています。

メモのテーマは色々あり「夢メッセージ」「詩」「面白いネタ」などです。

メモについては、また別の記事で解説しようと思います。

 

 icon-check 大冒険ほど後悔のない人生になる

印象に残る作品ほど、ハラハラドキドキするシーンがたくさんあります。

白木ケイシー

私が好きな映画やドラマも印象深いシーンが盛り込まれていて記憶に残っています。

このように、大冒険だった物語ほど感動が大きくなり「良かったなぁ」と感じるでしょう。

自分の人生も大冒険であった方が、死を迎えるときに

  • 「楽しかったなぁ」
  • 「やりきったなぁ」
  • 「後悔はないなぁ」

と思えるのではないでしょうか。

必ずしもやりきったと言えるわけではないかもしれませんが、少なくとも良い人生だったと感じることができるでしょう。

 

ゴールを続けてストーリーを面白くする

一つひとつの区切りは大切なゴールです。

学生の頃は、小学校卒業とか中学校卒業というように、期間において明確なゴールがあります。しかし、大人になると、明確なゴールは自分でつくることになります。

例えば、

「たくさんの人に喜んでもらう仕事をする」が大きなゴールだった場合、それを達成するために

  • 「本を執筆すること」
  • 「テレビに出ること」
  • 「作品をたくさんつくること」

といういくつかの小さなゴールをつくることができます。

そして、小さなゴールを達成するために、また細かいゴールが生まれるでしょう。

 

 icon-check 一つの区切りとなるゴール

一つの区切りとなるゴールを見つけましょう。

そのゴールは、大きくても小さくても大丈夫です。どんなゴールにも必ずステップがあります。

白木ケイシー

一つのゴールに対して、細かなステップやゴールをつくってみましょう。

たくさんのゴールを一つずつクリアしていくことで、物語は大きなシーンへとつながっていきます。

 

 icon-check ゴールはすべてつながる

どんなゴールもすべて大きなゴールにつながっています。

映画で例えると、

どんな小さなシーンもクライマックスに向けて重要なカットになっています。

ほんのわずかなシーンがエンディングにとって大切なものになっていたりするでしょう。

このように、あなたの物語も全部がつながっているのです。

一つひとつの小さなシーンやゴールを大切にして過ごしてみましょう。きっと大きな夢につながる重要な瞬間だったと気づく日がやってくるでしょう。

 

 icon-check 今世は一つのゴール

今世あなたの人生も一つのゴールです。

今という瞬間は、過去世や来世とつながっています。

  • 過去に達成してきたゴール
  • 今挑戦していること
  • これから達成する大きな夢

これらはすべてつながっていて、あなたの経験に欠かせない大切な瞬間です。

今読んでいるこの文章も、あなたの物語にとって重要なメッセージになることを願っています。

 

無料メルマガでは、定期的に「宇宙からのメッセージ」を配信しています。ぜひ、ご活用ください。

無料メルマガ配信中!

白木ケイシーが受け取った「宇宙からのメッセージ」をお伝えします☆

『個性が輝く☆宇宙のしくみ 白木ケイシーのメールレッスン』

の後に、

『白木ケイシーの宇宙からのメッセージ』が配信されます!

どうぞ、お楽しみに~!

スポンサードリンク