【美を追求する】年齢に関係なく自分を美しく保つ方法【輝く人生】

  • 衰える自分が嫌だ

  • 年齢を重ねるのがこわい

 

歳を重ねるうちに、体の変化、心の変化など、さまざまな変化が起きます。その中で、美しさを保つには美の本質を知ることが大切です。

魂の輝きによって本当の美しさが表れます。魂は、年齢に関係なく輝き続ける「美」そのものです。

白木ケイシー

年齢を重ねて、体力や代謝が衰えるという事実はあるかもしれません。

しかし、魂の経験や美に対する意識は高めることができます。

自分の本当の美しさに気づくことで、歳を重ねるのが楽しくなるでしょう。

 

当記事では
  • 本当の美しさとは?美の本質を探求する
  • 自分を美しく保つ方法
  • 魂の経験によって人生が輝く

をお伝えします。



【美を追求する】年齢に関係なく自分を美しく保つ方法【輝く人生】

男性も女性も自分の美に対して考えたことがあると思います。外面的な美もあれば、内面的な美もあります。

どんな美にこだわるかによって、日々の行動が変わってくるでしょう。

美の本質を理解することで、外面も内面も美しくなります。そして、毎日の意識によって輝く人生が創られていきます。

白木ケイシー

また、自分の個性を知れば知るほど、あなたの魅力はどんどん増していくでしょう。

美の本質だけでなく、自分自身を知るという視点も含めて解説していきます。

 

本当の美しさとは?美の本質を探求する

美の本質は「魂の輝き」です。清潔感を保って、外見を意識することも大切です。また、内面を意識して、個性を輝かせることも大切です。

この両面から、本当の美しさを探求していきましょう。

あなたはこれまでに、どんな美を追求してきましたか?

私の場合、

  • 清潔感
  • 健康な体
  • 芸術の美
  • 個性の表現

です。

これらは、どれも自分の好きなことや興味のあることから追求するようになりました。

白木ケイシー

「どんな美の追求が楽しいか」に意識を向けてみましょう。

 

 icon-ellipsis-vertical 本当の美しさを放つもの

本当の美しさを放っているものが地球にはたくさんあります。

  • 自然
  • 芸術
  • 洗練された物
  • 赤ちゃん

このように、純粋でクリアなエネルギーを放っています。

赤ちゃんだけでなく、生きているすべての人もそれぞれ本当の美しさを持っています。

本当の美しさを放つ瞬間は、

  • ありのままの自分でいるとき
  • 感情を味わっているとき
  • 個性を最大限に発揮しているとき

です。

このような瞬間、魂がさらに光り輝き、本当の美しさを放ちます。

本当の美しさは、自然体である「その人らしさ」の中にあるのです。

 

 icon-ellipsis-vertical 美は極めることができる

美はだれにでも極めることができます。

私たちは、同じ人間でも個性は一人ひとり違います。肉体や精神だけでなく、魂にも個性があるのです。

魂の個性の違いは、色や輝き方によってわかります。

美を極めるにあたって、大切なことは「一人ひとりの正解がある」ということです。

美の正解は、万人にあるのではなく、個人の中にあります。

「自分らしく生きること、自分の個性を探求すること」これらによって、あなたの美は輝いていきます。

他人の輝きと同じ輝きにはなりません。色も輝き方も違うのです。

白木ケイシー

自分の輝きと美に注目していきましょう。

それぞれがみんな違う個性の中で、本当の美しさを追求することができます。

 

 icon-ellipsis-vertical 変化を楽しむことが美しさにつながる

宇宙、地球、自然は、常に変化し続けています。その中で生きている私たち人間も同じです。

同じような毎日が繰り返されていても、必ず何かの変化があります。その変化の中に生きるのが私たちです。

変化が成長につながり、本当の美しさを高めさせてくれます。

変化こそが本当の美しさを引き出し、魂の輝きを放つきっかけになるのです。

地球には時間があります。肉体の死がある限り、地球での変化は存在し続けます。

白木ケイシー

その変化を楽しめば楽しむほど、本当の美しさは輝くでしょう。

 

自分を美しく保つ方法

美しさを保つ秘訣は「自分を愛しているかどうか」にあります。

どんなに見た目が美しく、性格が良い人であっても、自分を愛していない人は、美しい輝きが感じられません。

本当の美しさを兼ね備えている人には、3つの特徴があります。

  1. 自分を愛している
  2. 自分を探求している
  3. 輝く個性を表現している

これらを磨いていくと、自分を美しく保つ方法になります。それぞれみていきましょう。

 

 icon-check ①自分を愛する

自分を愛するとは、どんな自分も受け入れる強さと、本心を行動に移す素直さを持っている状態です。

「楽しいときは良くて辛いときは自分を否定する」というのではなく、どんなときも自分を受け入れることが大切です。

ありのままの自分を許し、どんな自分のときも包み込める愛が受け入れる強さを引き出します。

本心はあなたの本音です。

その本音をありのままに認め、肉体を使って行動することが大切です。

本心と行動がセットであればあるほど、素直な自分でいられます。

その状態こそが自分を愛している姿であり、本当の美しさを放つ瞬間になるのです。

 

 icon-check ②自分を探求する

「変化の中で生きる」ということは、常に自分のゴールも変化し、奥深くなっていきます。

  • 最高の自分
  • 満足できる自分
  • 幸せな自分

このような自分も常に更新され、
「自分とは何か」という最大の答えに向かって進んでいくでしょう。

自分を知ることによって、自分が持っている美しさに気づいていきます。

  • 大好きなこと
  • 夢中になれること
  • 人生の目的
  • 生まれてきた意味 など

このようなことを通して本当の美しさに気づいていくでしょう。

 

 icon-check ③輝く個性を表現する

「自分を愛すること、自分を探求すること」によって、あなたの個性が明らかになり、魂はさらに輝き始めます。

その個性や魂を、いかに表現するのかが大切なのです。

個性は表現するために持っています。

魂は意志を形にするために体と共にいます。

白木ケイシー

そんな自分をどう表現するか、どう生きるかについて考えていきましょう。

輝く個性の表現は、あなたを幸せにします。幸せを感じるほど、あなたは美しくなるのです。

 

魂の経験によって人生が輝く

魂の経験とは、

毎日の

  • 思考
  • 感情
  • 体験 など

自分自身に起こるすべての出来事を通して、積み重ねられていきます。

肉体や精神の経験は、どんなことも魂の輝きにつながる経験になるのです。

白木ケイシー

その経験が人生を奥深くし、あなたの美しさを引き立てることになるでしょう。

魂の経験値があるほど、人生の輝きが増し、あなたの幸せは大きくなります。

魂の経験は、毎日の経験の積み重ねです。あなたが歳を重ねる度に魂の輝きは大きくなるのです。

 

 icon-ellipsis-vertical 魂の経験はすべての物事から生まれる

肉体の衰えは、自分の体験を増やします。体の変化によって経験できる幅が広がるのです。

その経験が魂の輝きをさらに大きくします。そして、経験から生まれる愛が、あなたを本当の美しさへと気づかせてくれるのです。

楽しいことも辛いことも、嬉しいことも悲しいことも、どんな事も魂の経験になります。

さまざまな感情が人生を深め、魂の輝きの一部になるでしょう。

 

 icon-ellipsis-vertical 「自分」という存在を感じ切ると人生が深まる

「自分」をどれだけ感じて生きていますか?

  • 自分の感情
  • 自分の思考
  • 自分の体の状態
  • 自分の素直な気持ち
  • 自分への愛 など

自分から生まれるエネルギーをすべて感じてみましょう。

存在の答えがわからなくても、自分の存在を感じるだけで満たされます。

白木ケイシー

毎日流れるような時間の中で、なんとなく自分と過ごすのではなく、存在を意識して過ごしてみましょう。

自分の存在を感じ切ることで、愛や本当の美しさが溢れてきます。

本当の美しさは、すでにあなたの中にあります。その美しさを魂の輝きと共に出していきましょう。

私自身も、美を追求し続け、自分の魂を輝かせていきます。

 

 icon-check-square-o 合わせて読みたい記事

【必要な人】特別なことをしなくてもあなたには価値があります

2019年4月23日

【感動する人生】毎日が何となく過ぎている人へ【魂の感動を増やす】

2019年5月11日

【自分の個性を知る方法】個性が幸せの鍵になる【地球の生き方】

2019年5月28日

【内観とは?】日々の内観によって本当の自分を知る【自己分析】

2019年4月13日

 

無料メルマガ配信中!

白木ケイシーが受け取った「宇宙からのメッセージ」をお伝えします☆

『個性が輝く☆宇宙のしくみ 白木ケイシーのメールレッスン』

の後に、

『白木ケイシーの宇宙からのメッセージ』が配信されます!

どうぞ、お楽しみに~!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です