【常に挑戦する】同じ失敗は二度とすることはない【もう一度歩こう】

  • 失敗してからなかなか挑戦できない

  • このまま進んでいいのかわからない

 

「自分の道をもう一度歩く」をテーマに宇宙からのメッセージをお届けします。

生きていれば必ず壁がやってきます。小さな失敗もあれば、思い出したくない大きな失敗もあるでしょう。

しかし、私たちは何度でも歩くことができます。

同じ自分、同じ失敗はやってきません。なぜなら、常に成長し続ける存在が「あなた」だからです。

白木ケイシー

宇宙からのメッセージによって自分の道を発見し、何度でも歩いていけることを願っています。

 

【常に挑戦する】同じ失敗は二度とすることはない【もう一度歩こう】

once again
〜もう一度〜

もう一度歩いてみよう

同じことの繰り返しだと感じるかもしれない

だけどもう一度歩いてみよう

一度歩いた自分の道は
もう二度と通ることはない

まったく同じ自分はもういないのだから

もう一度歩いていこう
前とは違う景色があるはず

そこにいるのは前と違う自分なのだから

 

 

当記事では
  • あなたは常に挑戦してきました
  • 同じ失敗は二度と起きないことを知る
  • もう一度歩くと違う景色が広がる

をお伝えします。

宇宙からのメッセージをリーディングしながら紐解いていきます。外側の世界だけでなく、自分の内側の世界を感じながら読み進めてみてください。



あなたは常に挑戦してきました

挑戦とは、困難なことや新しいことに取り組むことですが、見方を変えると、私たちは常に挑戦しています。

このまま変わらず、何もない生活が良いと思う人もいるかもしれません。

しかし、この地球には時間があり、常にエネルギーが流れているので、何も変わらない生活は存在しません。

そのような人も無意識の中ではわかっています。変化の中で、どう生きるかを考えて過ごしているでしょう。

「常に変化の中で生きている」ということは、私たちも変化し続けていることになります。

変化はある意味挑戦です。どんな小さな変化も挑戦するからこそ順応していきます。

 

 icon-spinner 現状維持も変化になる

「現状維持は衰退である」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

そう考えれば正しくなります。しかし、変化に対応しているからこそ現状を保つことができます。

例えば、

数字的に下がったとしても、そこに気づきがあれば衰退にはなりません。

何事も考え方次第で、自分の正解が変わってしまうということです。

「現状維持も変化であり、成長である」という考え方にすれば、それが正解になります。

大切なのは「気づき」です。

白木ケイシー

現状維持の中に成長につながる気づきがあれば、衰退ではなく進化になるでしょう。

柔軟な捉え方によって、すべてのことが挑戦にもなり、成長につながります。

 

 icon-spinner これまでの挑戦を振り返ってみよう

あなたはこれまでにどんな挑戦をしましたか?

白木ケイシー

他人から見た挑戦ではなく、自分の中の挑戦を思い出してみましょう。

また、「挑戦した」という意識がなくても「変化」に焦点を当てて、無意識に挑戦していたことに気づいてみましょう。

例えば、

  • やむを得ない引越しで環境の変化があった
    →意外とスムーズに環境に馴染めた
  • 新しいファッションを取り入れてみた
    →お気に入りのスタイルが発見できた

このように、挑戦だと思っていなくても、結果的に変化(進化)したことがたくさんあるでしょう。

何気ない変化が挑戦の結果であり「自分を認めていく過程」が大事なのです。

どんな小さな挑戦も、自分の可能性を広げる大切な要素になります。

 

 icon-spinner 挑戦とは本来楽しいものである

「挑戦」という言葉を聞くと、

  • 努力が必要
  • 辛い経験が多くなる
  • 頑張らないといけない
  • 我慢することが増えそう

このような印象を受ける人が多いかもしれません。

しかし、本来挑戦とは「楽しくて自分の成長が感じられる素敵なもの」です。

白木ケイシー

もちろん、辛い経験があったからこそ、今が楽しいということもあるでしょう。

しかし、辛いことや我慢することのようにネガティブのイメージが先にくるものではありません。

挑戦という言葉を理解していない幼少期、毎日何かができるようになり、成長していきました。

知識や経験が増えた今だからこそ、挑戦を楽しいものにし、より成長するものに変えることができるのです。

 

同じ失敗は二度と起きないことを知る

同じ失敗は二度と起きません。これも考え方次第です。

何回も同じ失敗をして怒られた経験がある人もいるでしょう。「なぜ何回も同じ過ちを繰り返すのか」と悩んだこともあるかもしれません。

表面的に同じ失敗だと感じるかもしれませんが、前に失敗したときと、今回失敗したときの自分には必ず違いがあります。

  • 年齢などの時間の違い
  • 経験値の違い
  • 知識の量の違い
  • 状況やタイミングの違い

などです。

白木ケイシー

「同じ失敗をなぜ繰り返すのだろう」と考える前に「今回の失敗に対してどんな気づきがあるのだろう」と考えてみましょう。

同じような失敗の中で本質に気づき、根本的に解決するアイデアが生まれるかもしれません。

 

 icon-spinner 失敗は変化の証

失敗は変化した結果起きます。

  • 自分が変化したから、まわりに順応できなくなった
  • 環境が変わり、自分がその変化に対応できなかった

など、さまざまな原因があるでしょう。

このように、失敗は変化した証なのです。

その変化に気づき「自分がさらに変化するにはどう行動したら良いか」に注目すると、失敗という概念が変化するでしょう。

失敗によって大切なことに気づきたり、失敗が成功になったりします。

 

 icon-spinner 同じ失敗が起きない本質

「同じ失敗は起きない」という考えの中で過ごしてみましょう。

そう意識するだけで、同じような経験が新鮮に感じられ、新たな気づきを得やすくなります。また、自分の成長に対する姿勢も変わります。

「同じ失敗は繰り返さないぞ」と肩に力を入れて取り組むよりも、

「同じ失敗は存在しない」という姿勢で臨む方がうまく進んでいくでしょう。

常に変化する自分を受け入れられるほど、学びが増えていきます。

 

 icon-spinner 体験の質が大きな変化をもたらす

何かミスがあっても「失敗」と捉えなくて大丈夫です。

一つひとつの体験に対して、どう感じるかによって、今後の流れが変わります。

何度もお伝えしますが、気づきを大切にすることで、体験に対する質が大きく変わります。

成功体験や失敗体験だけでなく、何気ない日常の中にもたくさんの気づきが溢れています。

まずは、1日1個の気づきから始めてみましょう。

白木ケイシー

寝る前やお風呂のときに、ちょっと意識するだけで気づきが見つかるでしょう。

私の場合は、1日の中で起きた気づきをツイートする習慣を作りました。

 

もう一度歩くと違う景色が広がる

一度歩いた道をもう一度歩くのではなく、新たな道を歩くようにもう一度挑戦してみましょう。

もし、同じ道を歩いている気がする場合は、これまで目に入っていなかった景色を見てみましょう。

新しい景色は、視点を変えると見えてきます。

いつもの帰り道でも、時間が違うと見えるものが変わります。

いつも正面しか見ていなかった道に対して、下や横など、違う角度から見ることで景色が変わり、気づきが生まれます。

 

 icon-spinner 同じ景色は二度とない

同じ自分が存在しないことと同じように、同じ景色を見ることは二度とありません。

  • 自分の変化
  • 時間の変化
  • 意識の変化 など

さまざまな変化によって、同じ景色ではなくなります。

白木ケイシー

命という限られた時間の中で、いつもと違う見方をすると、新たな自分が発見できるでしょう。

外側に見える景色も、内側で感じる自分に対しても、同じ景色を味わうことは二度とありません。

 

 icon-spinner 自分の意識次第で変わる

繰り返しになりますが、自分の意識によって何事も変わります。

あらゆる体験に対して、学びに注目するだけで、気づきがやってきます。失敗に対する考え方も同じです。

これから歩んでいく道に対して、どんな意識で進んでいくのかで、見える景色が変わります。

何かひとつでも今までにない工夫をすることが大切です。

「楽しいと感じる工夫、ワクワクする工夫」など、ピンとくるアイデアを優先して取り入れてみましょう。

 

 icon-spinner もう一度歩いてみよう

白木ケイシー

歩きたくない道を進むのではなく、直観で歩きたい道を選択してみましょう。

「どんな道を歩くのか」よりも、歩くという行動が大切です。

小さな一歩で大丈夫です。1ミリだけでも大丈夫です。

その一歩だけで新たな挑戦が始まり、気づきが起きます。進化した自分を体験することができるのです。

 

無料メルマガでは、定期的に「宇宙からのメッセージ」を配信しています。ぜひ、ご活用ください。

無料メルマガ配信中!

白木ケイシーが受け取った「宇宙からのメッセージ」をお伝えします☆

『個性が輝く☆宇宙のしくみ 白木ケイシーのメールレッスン』

の後に、

『白木ケイシーの宇宙からのメッセージ』が配信されます!

どうぞ、お楽しみに~!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です